TOP > 来島海峡の漁法と魚

魚の宝庫、来島海峡で代表的な漁法。 一本釣り漁、小型機船底引き網漁、建網漁を紹介します。

一本釣り漁

来島海峡のサクラダイ

 一本の釣り糸に針をつけ魚を釣る漁法です。
 タイ・アコウ・メバル・ホゴ・ギザミ・スズキなどが主な漁獲物です。
中でも春の紅色をまとった真ダイは「桜ダイ」とよばれ、流れの強い来島海峡で一本釣りされた「桜ダイ」がとくに美味とされています。
 複雑な海底の地形に加え岩礁が多く、激しい潮の流れにもまれた真ダイの生息する来島海峡はタイの一本釣りの漁場として有名です。
 また、来島海峡ならではの幻の魚「アコウ」も一本釣り漁で捕れる代表的な魚の一つです

小型機船底引き網漁

来島海峡の海老

 今治港から見て東の比較的穏やかな燧灘方面で主に行われる漁法です。
 海の底にワイヤーとロープで繋いだ網を下ろし、海底の岩などを避けながら潮流と同じ方向に通常1時間から数時間ほど網を引きます。
 ワイヤーを巻き上げ網を海面まで引き上げ、さらに船に取り付けたクレーンで網を海から引き上げます。
 エビ・シタビラメ・カレイ・ガザミ(ワタリガニ)・エソなどの魚介類を袋網に取り込みます。

建網漁

 建網漁とは、魚群の遊泳する海域に、かすみ網のようなナイロンを素材とした刺し網をおもりで海底に固定し通過する魚を網に絡めとる漁法です。
 前日に網を仕掛けておき、翌朝、網を引き揚げてかかった魚を獲ります。
 主な漁獲物の種類は、カレイ類・ヒラメ・エビ・ガザミ(ワタリガニ)・イワシ・サバ・サンマなどです。

資料提供:愛媛総合科学博物館