TOP > 旬の地魚 > 春の地魚 > メバル

前へ めばる 次へ

 来島海峡のメバルの旬は、もちろん春。
 性質は憶病らしく、少し海が荒れると藻や岩穴の影に逃げ込み出てこない。
 釣りのことわざにもあるように、「メバルは凪を釣れ」が正解。油を流したような静かな海を「メバルなぎ」と言う。
 肉食性で、エビ、カニ類などの小型の甲殻類、小型の魚類、頭足類、多毛類などを食べる。
 春のメバルは、あぶらの乗りも良く一番おいしい。煮付け、塩焼き、唐揚げと淡白な味はどんな料理にも向く。大型ならもちろん生き造りもおいしい。

来島海峡の「メバル」の旬
メバルの旬