TOP > 旬の地魚 > 春の地魚 > サワラ

前へ さわら 次へ

 魚偏に春と書いてサワラと読むとおり、サワラは春の代表的な魚である。
 産卵は4月~5月。
 イワシ類、イカナゴ、サバ、サンマ等を捕食する。
 魚は普通、頭に近い方(腹を含めて)がおいしいとされているがサワラは尾に近い方が喜ばれる。
 新しいものは造り、生寿司や照り焼き。 魚すきなどのネタにも利用される。

来島海峡の「サワラ」の旬
サワラの旬