TOP > 旬の地魚 > 春の地魚 > チヌ

前へ チヌ 次へ

 古くから各地で親しまれてきた魚だけに地方名も多い。標準和名は「クロダイ」だが、関西では「チヌ」と呼ばれる。
 音に敏感で警戒心が強いのに、好奇心は人一倍強いらしく、かなりの悪食家で知られている。
 産卵期は4月~6月中旬。 エビ、カニ等の甲殻類、貝類を主食とするが、ほかにも小動物や植物、残飯等も食べる貧食な魚である。
 新鮮なものは造りもうまいし、塩焼きにしても最高だ。旬は、産卵前の晩春から初夏にかけて。

来島海峡の「チヌ」の旬
チヌの旬