TOP > 旬の地魚 > 冬の地魚 > ワタリガニ

前へ ワタリガニ 次へ

 「ガザミ」とも呼ばれるワタリガニは、泳ぎがうまく、時として生活場所を大きく変える。
 水温が下がり甲羅が硬くなり、身の詰まる晩秋から春が旬と言われている。
 ゆでるよりも蒸した方が、かにのうま味が逃げにくいといわれる。
 塩ゆでにする場合は、ポン酢や二杯酢で食べたり、みそ汁、天ぷら、フライ、鍋物などにしても美味い。

来島海峡の「ワタリガニ」の旬
ワタリガニの旬